東京都中央区 看護師求人

化粧水はコットンでつけると肌全体に均一に付けられる。そのあと、手のひら全体でパックをするように包み込んで化粧水を中に浸透させよう!!

女性にとって、お肌はいくつになっても綺麗でありたいと願うものですよね〜(*^o^*)

 

 

年齢と共に、お肌の潤いがなくなり、乾燥しハリツヤがなくなり、シワやシミが目立ってくると、一気に老け感倍増!(;_;)

 

一度そうなってしまったお肌は、元に戻そうとしてもなかなか簡単には戻りません(;´Д`A

 

エステはお金がかかるし、美容整形は抵抗があるなぁ…と考えちゃいますね(?_?;)

 

 

ですから、日頃のお肌のお手入れはとても重要なんですよ(^_?)?☆
年齢と共に、お肌の衰えは仕方のない事かもしれません。

 

しかし、お手入れを怠ったりすると、年相応以上のシミやシワが出来てしまいます(;´Д`A

 

ですが、日頃からちょっと気を使いお手入れする事で、衰えを防ぐ事は出来るんですよ(^ ^)

 

 

そんなお手入れの中でも、基本的な化粧水ですが、付け方一つで、効果的に化粧水の効果を得る事が可能なんです(^ ^)

 

化粧水をつける時は、手でつけますか?コットンを使いますか?

 

どちらが良いか賛否両論もありますが…

 

コットンで優しくパッティングしながら全体にムラなく化粧水をつけます。

 

この時、肌にコットンの摩擦があると、肌へのダメージになりますから、優しくこすらないでくださいね(^ ^)

 

そのあとに、手のひら全体でパックをするように、包み込んでください。
そうすることで、化粧水をお肌に浸透させることが出来ます(^_?)?☆

 

乾燥しやすい目元や口元はさらに押さえるように化粧水を浸透させるとさらにいいですね(^ ^)

 

よく、化粧水をつけて100回パッティングといって顔をばちばち叩く人がいますが、あれは逆効果ですからやめた方がいいですf^_^;

 

 

化粧水自体にはハッキリとした美白効果などは期待できませんが、正しい付け方をすることで、お肌の潤いをキープすることができます。

 

お肌の乾燥を防ぐことがシワ予防になりますから、手は抜けませんね(*^o^*)